東京のリフォーム市場で戦う、
浄水器メーカーとしての誇り。

企画営業系総合職

小川 友朗TOMOAKI OGAWA

WaterDesign営業本部 東日本営業部 東京支店 販売課/主任
2014年入社

入社後、鹿児島営業所に配属。リフォーム住宅への蛇口一体型浄水器導入を目指し、ガス会社に向けた営業活動を担当。2017年からは東京支店に所属し、引き続きリフォーム市場で大手ガス会社向けの営業を担当している。

社員の前向きな姿勢と雰囲気が
入社の決め手に。

何より働く環境を重視していました。タカギは合同企業説明会でのアットホームな雰囲気が印象的で、リクルーターとして相談に乗っていただいた社員の方のハツラツとした姿にも惹かれて、「この人たちと働いてみたい」と強く思いました。入社後は営業職として鹿児島営業所に3年勤務したのち、現在の東京支店へ。一貫して、蛇口一体型浄水器のリフォーム住宅への導入を担当しています。営業先はエンドユーザーではなく、大手ガス会社様。浄水器メーカーとして、ガス会社様などの販売パートナーに対し、エンドユーザーにタカギの浄水器をお勧めしていただくための営業活動を行っています。

都市の特徴を踏まえた営業で
実績を上げられることにやりがい。

東京は、私が担当している一つの区のガス会社様だけでも15万件の顧客を持つなど、市場規模は巨大です。その中ではスピード感も非常に重視されるため、レスポンスの早さは特に意識しているところです。営業で最も大切だと感じるのは、ガス会社様にタカギの商品を知って、好きになってもらうこと。そうでなければその先のユーザーに届けることができません。また東京では感情よりも論理的な納得感を求められる方が多いと感じます。そのため商品の良さを口で説明するだけではなく、実演を交えて取り扱いの簡易さや、エンドユーザーへのスムーズな紹介方法を丁寧に説明し、受け入れていただくように努力しています。計画をもとにアプローチして実績を上げられた時には、営業として非常に大きなやりがいを感じます。

同期の存在を力に変え、
拡大するリフォーム市場に向き合う。

今、リフォーム市場の拡大は現場でも強く感じています。人々のリノベーション思考も高まる中で、水回り製品のメーカー競争は激化の一方です。しかしこれはタカギの浄水器を使っていただける無限の可能性があるということ。リフォーム市場はまだまだ開拓途上なので、活躍できるチャンスは大いにあると思います。特にタカギは若手が元気。私の営業の同期にもやる気にあふれた人間が多く、刺激をもらいながら業務に当たっています。会社では能力に応じたポストが与えられ、会社説明会で出会った先輩も、30歳頃には拠点長に就任していました。私も「30歳で拠点長になること」が今の目標です。
いつかは得意先の動向も踏まえて自社の営業の方向性を計画し、各拠点の営業メンバーを率いることができる存在になりたい。そんな姿を目指して、日々仕事に向き合っています。

more