企業情報

社会貢献活動

タカギは「社会の発展に貢献する」という経営理念に基づき、地域貢献、環境活動に努めています。

タカギ女子ソフトボール部

株式会社タカギは、2017年2月1日にタカギの女子ソフトボール部「takagi 北九州 Water Wave」を創部しました。「takagi 北九州 Water Wave」は2つのチームの歴史を引き継いでいます。
元をたどれば東芝北九州工場閉鎖に伴い、一時はチームも解散。しかし、九州に唯一の日本リーグ加盟チームを存続させたいという想いで当時のメンバーが立ち上がり、2013年に企業登録からクラブ登録へと移行、「CLUB北九州」として4年間活動を続けてきました。しかし、資金難などで存続が危ぶまれる中、タカギの企業チームとして、新たなスタートを切り、1部リーグへの進出を目指しています。

地域行事への参加

地域住民との交友親善を目的として、地元北九州の「わっしょい百万夏まつり」や「まつりみなみ」など、地域行事にも積極的に参加・協賛しています。

北九州マラソン

地元企業としての地域貢献を目的として、2014年の第1回から協賛を実施しています。また、毎年50名近い社員が給水所のボランティアに参加しています。

takagi presents TGC 北九州

2015年から、日本最大級のファッションイベント、東京ガールズコレクションを北九州で開催しています。「地方創生」をテーマに、北九州市の魅力をより多くの人に発信し、北九州を盛り上げる事を目標とし、北九州市とタカギが主体となり実現したイベントです。タカギは第1回から毎年メインスポンサーとして協賛し、地元北九州を盛り上げるため、社員によるプロジェクトチームを組み、会場内で浄水の配布や、ワークショップなどを企画・開催しています。

工場見学

主にお取引先、学生を対象とした工場見学では、ものづくりの現場からアフターサービスに至るまでの一連の流れをご案内いたします。
また、2015年3月にスタートしました一般のお客様向けの工場見学、「水キレイ教室」ではタカギの水に対する取り組みやものづくりへのこだわりをご案内しています。

地域貢献

地域貢献を目的として、2011年より地元北九州に「タカギさくら公園」をつくり、一般公開しています。神代桜をはじめ、28種69本の桜など4300本の花や木がご覧いただけます。

社有機(モーターグライダー・単発機・双発機)

求人や福利厚生に活用するだけでなく、日本学生航空連盟との連携で学生グライダー活動への協力・発展などに貢献しています。北九州空港に社有機の格納庫を保有し、モーターグライダーを教官の指導つきで、無償貸出しもしています。

反社会的勢力への対応

当社は、社会の秩序の安全や脅威を与える反社会的勢力とは、取引関係を含め、一切の関係を遮断し、確固たる信念を持って排除の姿勢を堅持します。